今日、恋をはじめます 12.8胸キュンロードショー!!

キャスト&スタッフ Cast&Staff

日比野つばき
武井咲

「恋なんて、はじまるわけがない。ーそう思っていたのに。」
ガリ勉の地味系“昭和女”。おしゃれや恋をあきらめていたが、京汰と出会い、そんな自分を変えようとガンバる。特技はヘアアレンジ。好きな動物はしろくま。

椿京汰
松坂桃李

「女なんて、みんな同じ。ー 恋はゲームでいい。」 Sキャライケメンで秀才の“超モテ男”。恋は遊び……「一度寝た女とはヤらない」をモットーに決して本気の恋をしない。天体好きで宇宙工学を学ぶのが夢。

菜奈
木村文乃

京汰の中学の時の同級生。アメリカに留学していたが、京汰と同じ宇宙工学を学ぶ夢のために帰国してきた。

花野井
青柳翔

超人気カリスマ美容師。つばきや京汰たちのお兄さん的存在。自分のヘアサロンでバイトしたいというつばきの希望を受け入れる。

長谷川西希
山崎賢人

京汰の幼なじみで、一緒につるんでいる親友。つばきの妹・さくらに一目ぼれ。京汰の過去を知っていて、そばで見守っている。

日比野さくら
新川優愛

つばきの1つ下の妹。姉とは正反対の性格で勉強よりもメイクやおしゃれの研究に熱心。好きになったら自分から積極的にアプローチする。

山内有砂
高梨臨

つばきのクラスメイト。華やかな女子グループの中心的存在。京汰を誘惑する。

美咲
ドーキンズ英里奈

つばきのクラスメイト。華やかな女子グループのメンバーで、京汰のファン

香奈
藤原令子

つばきのクラスメイト。華やかな女子グループのメンバーで、京汰のファン

神崎京香
高岡早紀

京汰の母。幼い京汰を置いて、家を出てしまった過去を持つ。

日比野庄一郎
長谷川初範

つばきの父。写真館を営む。つばきとさくらの成長を温かく見守る。

日比野節子
麻生祐未

つばきの母。つばきに有名大学に入ってほしいと願っている。

椿圭汰
村上弘明

京汰の父。大学の研究室で働く。穏やかな性格で身だしなみには無頓着。

古澤健

1972年、東京都出身。早稲田大学卒。97年のPFF(ぴあフィルムフェスティバル)アワードで、8mm映画「home sweet movie」(96)がWOWOW賞を受賞。続いて撮った16mm映画「怯える」(98)が仏クレルモンフェラン国際短編映画祭に招待される。黒沢清監督の「大いなる幻影」(99)、「回路」(01)などで助監督を経た後、「超極道」(02/瀬々敬久監督)、「ドッペルゲンガー」(03/黒沢清監督)、「こっくりさん 日本版」(05/坂本一雪監督)などで脚本家として活躍。2006年には沢尻エリカを主演に迎えて「オトシモノ」を監督。2012年は8月に「アナザー Another」、12月に「今日、恋をはじめます」と2本続けて監督作が公開。今注目を集める若手クリエイターの一人である。
【監督作品】「home sweet movie」(96)、「怯える」(98)、「ロスト☆マイウェイ」(04)、「オトシモノ」(06)、「トワイライトシンドローム デッドクルーズ」(08)、「making of LOVE」(10/青春Hシリーズ第1弾作品)、「アベックパンチ」(11)、「love machine」(12/「コラボ・モンスターズ!!」の中の1篇)、「アナザー Another」(12)

平野隆

大分県出身。一橋大学卒業後、TBSに入社。97年から映画製作に携わる。プロデュース歴に、「虹をつかむ男 南国奮斗篇」(97/山田洋次監督)、「アンドロメディア」(98/三池崇史監督)、「陰陽師」(01/滝田洋二郎監督)、「ダブルス」(01/井坂聡監督)、「害虫」ナント三大陸映画祭審査員特別賞(02/塩田明彦監督)、「DRIVE」(02/SABU監督)、「黄泉がえり」(03/塩田明彦監督)、「MOON CHILD」(03/瀬々敬久監督)、「ドラゴンヘッド」(03/飯田譲治監督)、「陰陽師Ⅱ」(03/滝田洋二郎監督)、「ゼブラーマン」(04/三池崇史監督)、「下妻物語」(04/中島哲也監督)、「この胸いっぱいの愛を」(05/塩田明彦監督)、「どろろ」第40回シッチェス・カタロニア国際映画祭Orient Express部門(全アジア映画)最優秀賞(07/塩田明彦監督)、「Life 天国で君に逢えたら」(07/新城毅彦監督)、「憑神」(07/降旗康男監督)、「感染列島」(09/瀬々敬久監督)、「余命1ヶ月の花嫁」(09/廣木隆一監督)、「ゼブラーマン‐ゼブラシティの逆襲‐」(10/三池崇史監督)、「雷桜」(10/廣木隆一監督)、「アントキノイノチ」第35回モントリオール世界映画祭イノベーションアワード受賞(11/瀬々敬久監督)など話題作、大ヒット作が並ぶ。今後の作品として2013年6月公開の佐藤健、綾瀬はるか主演、黒沢清監督による『リアル~完全なる首長竜の日~』が控える。日本映画界を牽引するトッププロデューサーの一人である。

浅野妙子

1961年生まれ、神奈川県出身。慶応義塾大学文学部仏文科卒業。同大学院文学研究科修士課程修了。94年に「無言電話」で第7回フジテレビヤングシナリオ大賞にて佳作を受賞。その後、ドラマ「ラブジェネレーション」(97/CX)、「神様、もう少しだけ」(98/CX)、「大奥」(03/CX)、「大奥~第一章~」(04/CX)、「大奥~華の乱~」(05/CX)、「純情きらり」(06/NHK)、「ラスト・フレンズ」(08/CX)、「イノセント・ラヴ」(08/CX)、「月の恋人~Moon Lovers~」(10/CX)、「カレ、夫、男友達」(11/NHK)など、数々の話題作を手がける。映画では一大ブームを巻き起こした「NANA」(05)ほか、「大奥」(06)の脚本を執筆している。